自毛植毛と人口植毛の違いとメリットデメリットについて

植毛

自毛植毛するならデメリットも知っておこう

ソファに座る男性

自然な仕上がりで、特別なメンテナンスもいらないというオススメな薄毛ケアと言える自毛植毛ですが、実際に自毛植毛をしようと考えたのであれば、どんなデメリットがあるかということも知っておきましょう。1.費用が高い自毛植毛は保険が効かず自費診療となるので費用はかなりかかります。1000株でおよそ70万円ほど、2000株でおよそ120万円ほどが相場となります。
2.何度も手術が必要一度に多くの植毛をすると生着率が悪くなるので、一回の手術で植毛できるのは限度があります。よって、必要な植毛が多ければ手術の回数がその分増えることになります。3.本数には限界がある自毛植毛の場合、髪のある箇所の頭皮から採取して髪を増やすというのではなく、多い所から薄い所に移動するということなので計画的に行わなくてはなりません。髪の多い箇所があまりなかったり、髪全体が薄くなっている場合は自毛植毛ができないこともあります。
4.傷ができる頭皮を採取した箇所には傷ができます。将来的に薄毛になったり、髪を短くすると目立ちます。5.副作用的な症状が出ることもある薬は使用しないので体内からの副作用はありませんが、頭皮がピリピリしたり、触った時の感覚がおかしかったり、まぶたが腫れたりすることもあります。デメリットを理解した上で、信頼できるクリニックで自毛植毛をする様にしましょう。

Pick Up Contents

自毛植毛は周りに気づかれにくい

最近は自毛植毛をする人が増えてきているというのが現状なのです。では自毛植毛をすることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。その具体的なメリットについて…

自毛植毛は自分の髪を使う喜びがある

自毛植毛は自分の髪の毛を使用する植毛で発毛剤や育毛剤で対策して効果が出なかった時にする人が多いです。頭皮を切開する方法でする事もあるのでリスクが高いと感じ…

自毛植毛ってどんなメリットがあるの?

薄毛のケアには育毛剤や増毛、ウィッグなどの様々な方法がありますが、その一つに自毛植毛という方法があります。自毛植毛というのは、その名の通り自分の毛で薄くな…

TOP